パソコン,スマートフォン,タブレットでのOffice 365利用法

Office 365 のインストール

マイクロソフト社のOffice 365(Word, Excel, PowerPoint)のインストールは以下の通りです。

ご注意機構アカウントの入手方法で自身のアカウントの「適用ライセンス」が A1Faculty_Nagoya となっている方はOffice 365をPCにインストールして利用することができません.

メニュー

パソコン(Windows, Mac)へのインストール

はじめに,お使いのパソコンにMicrosoftのOffice製品が既にインストールされているかどうかご確認ください.

  • Officeソフトがインストールされていない方

    以下の「インストール」の手順に従って進めてください.

  • Office 2019, Office 2016等がインストールされている方

    現在のソフトを利用し続けるか,(機構アカウントの)Office 365に切り替えるかをご判断ください.Office 365に切り替える場合,現在のソフトをアンインストールした後に,以下の「インストール」の手順から操作を行ってください.

    なお,いちどOffice 365に切り替え,その後に元のソフト(Office 2019等)に戻す場合は,元のソフトのインストール情報(プロダクトキー,インストール時に使用したMicrosoftアカウント等)が必要となります.これらの情報を紛失されている場合,Office 2019等の元のソフトに戻すことはできませんので,十分ご注意ください.

  • Office 365(Microsoft 365 Apps)がインストールされている方

    サインインするアカウントの切り替えで対応できます.「インストール」の手順は行わず,「動作確認」の手順から操作を行ってください.

Officeソフトのバージョンは,Wordを起動し,「ファイル」→「アカウント」で表示される製品情報により確認することができます.製品名には多くのバリエーションがありますが,名称の一部に「365」と入っていればOffice 365のデスクトップ版ソフトです.

インストール

詳細なインストール手順は,マイクロソフト社の下記ページで案内されています.

Microsoft 365 または Office 2019 を PC または Mac にダウンロードしてインストール、または再インストールします。

以下は,本学の環境にあわせ,マイクロソフト社のページの説明の一部を再構成したものです.画面例はWindowsのものです(一部加工しています).

  1. Webブラウザで www.office.com にアクセスし,機構アカウントを使ってサインインしてください.初めて機構アカウントを使ってサインインする場合は 機構アカウントを使った情報サービス利用開始方法 に書かれた手順を行う必要があります.
  2. Microsoft 365へのサインインに成功すると「Office 365ポータル」の画面が表示されます.Office 365ポータルから,Office 365の様々なサービスにアクセスすることができます.

  3. 「Office のインストール」をクリックし,「Office 365アプリ」をクリック

  4. インストール用のファイルをPCに保存します.ダウンロードしたファイルは「ダウンロード」フォルダなどに保存されます.保存したファイルをダブルクリックし,画面の説明に従って作業を進めてください. 参考に,ダウンロードフォルダへのアクセス方法を載せます:Windows, macOS

上記の手順4でファイルをダブルクリックした後の操作については,マイクロソフト社のページに詳細な説明があります.下記のページにアクセスし,OSの種別を選択して,同ページの「Office をインストールする」以降の記載を参照して下さい.

Microsoft 365 または Office 2019 を PC または Mac にダウンロードしてインストール、または再インストールします。

動作確認

インストールしたOfficeソフトに対し,自分の機構アカウントでサインインしてください.インストール直後の状態では,機構アカウントで正しくサインインした状態になっていないことがあります.必ず,以下の手順に従い動作確認を行って下さい.

  1. Wordを起動する
  2. 表示される画面により,以下のいずれかの操作を行ってください.
  3. (ケース1)下記の画面が表示される場合

    1. 上記画面の「別のアカウントを使用する」をクリックし,続けて表示される下記画面にて「サインイン」をクリックしてください.

    2. 自分の機構アカウントとパスワードを使ってサインインを行ってください.

    3. 以下のような「すべてのアプリにサインインしたままにする」という画面が表示されたら「いいえ,このアプリのみにサインインします」をクリックしてください.

  4. (ケース2)下記のような画面が表示される場合

    1. 画面下部の「アカウント」をクリックし,「ユーザー情報」を確認します.自分の機構アカウントが表示されていれば,正しくサインインできていますので,ここで操作を終了して下さい.自分の機構アカウント以外の情報が表示されている場合,2に進んで下さい.

    2. 上記画面で「サインアウト」をクリック(確認画面が表示されますが,「サインアウト」ボタンを押して操作を続行してください).
    3. 下記の画面表示となるので,「サインイン」をクリックし,自分の機構アカウントとパスワードでサインインを行ってください.

    4. 以下のような「すべてのアプリにサインインしたままにする」という画面が表示されたら「いいえ,このアプリのみにサインインします」をクリックしてください.

スマートフォン・タブレット(iPhone/iPad, Android)での利用

パソコンの場合とは異なり,AppStoreやPlayストアから最初にアプリをインストールし,アプリの初回起動時にサインインを行う手順となります.マイクロソフト社の下記ページにて,OSの種別ごとのインストール手順が案内されていますので,こちらを参照して下さい.

iPhone/iPad: iOS デバイスで Office アプリと Outlook をセットアップする

Android: モバイル デバイスで Office アプリとメールをセットアップする

利用にあたっての注意

  • 1人のユーザーにつき,5台までのPC,5台までのスマートフォン,5台までのタブレットにインストールすることが認められています(最大15台).個人で所有する端末へインストールし,学生においては学習,研究,課外活動等,教職員においては教育,研究,業務,自己研鑽等のために利用することができます.
  • 本契約におけるOffice 365の利用は,構成員のみに認められています.家族で1台のPCを共用し,PC内でユーザーアカウントを分けていない場合,本契約におけるOffice 365の利用はライセンス違反となる可能性があります.十分ご注意下さい.
  • インストールされたOffice 365は,正しい利用権限が維持されているかどうかを確認するため,定期的にクラウド上のサーバと通信を行います.長期に渡りオフライン状態となったPCでは利用権限の確認ができず,Office 365の利用が停止される可能性もあります.定期的にPCをネットワークに接続し,利用権限の情報が正しく反映されるよう運用して下さい.