802.1x認証のNUWNET(nuwnet1x)の利用方法

NUWNETでは、IEEE 802.1x(WPA/WPA2 Enterprise) 方式による認証の利用を推奨しています。 802.1x認証のNUWNET(nuwnet1x)はSSID「nuwnet1x (5GHz)」「nuwnet1x」で提供しております。

nuwnet1xの特徴は以下の通りです。

  • 多くのOSでは保存しておいたID/パスワードで自動的に認証を進めてくれるため、接続に手間がかかりません。
  • IPv4に加え、IPv6 による通信も可能となっています。

また、以下の制約があります。

  • NUWNETゲストIDではnuwnet1xは使えません。Web認証のNUWNETを使って下さい。
  • OS側が802.1x認証に対応していない古い機器や特殊な機器の場合は使えません。

nuwnet1x の利用にあたっては、名古屋大学IDのパスワードを初期パスワードから変更している必要があります。 名古屋大学IDのパスワードはこちらのページで変更できます (要CAS認証). また、NUWNETを一度も利用したことがない方については、NUWNET利用者ページにアクセスし、利用者登録を行ってください

各OSにおける接続方法

ほとんどOSにおいては、SSID選択後にID/パスワード入力が要求されるため、名古屋大学IDとパスワードを入力すれば認証は完了します。

代表的なOSにおける設定方法のPDF資料(スクリーンショット有り)は以下の通りです。

  • Windows 10
  • Windows 8
  • MacOS X
  • iPhone/iPad
  • Android
    • Android 11では「CA証明書」の項目に「システム証明書を使用」を設定した上で、「ドメイン」の項目に「nagoya-u.ac.jp」を設定して下さい。

参考情報

認証方法は国立情報学研究所によるeduroamサービスのものと同様ですので、以下のページもご参考にしていだだけます。

  • eduroamJP (「利用の手引き」を参照)

設定方法の読替えに必要な技術情報は以下のとおりです.

SSID nuwnet1x (5GHz) もしくは nuwnet1x
ユーザ名 名古屋大学ID(eduroamJPの説明とは異なりユーザ名の@以降(レルム名)は不要)
パスワード 名古屋大学IDのもの
認証方式 802.1x, PEAP (eduroamJPの説明と同様)
フェーズ2認証 MSCHAPv2
CA証明書(サーバ証明書) システム証明書を使用する
ドメイン nagoya-u.ac.jp
セキュリティと暗号化の種類 WPA2-Enterprise, AES (WPA-Enterprise と TKIP の組合せでも利用可能)

本件お問い合わせ先: ITヘルプデスク