【重要】ポイントを使い切ったあとの利用について

 
・2021年度からポイントを使い切ったあともログインノードにログインでき、ファイルの引き上げ(SCP)がおこなえるようになりました。引き続き計算に利用される場合は、追加負担金申請をお願いいたします。  
 
ポイントの減算処理は、通常毎日行われ、前日分の利用ポイントが利用申請して取得した利用ポイントから引き落とされます。
前日までの利用状況や残予算の確認は、以下の①と②の2通りの方法で確認ができます。
 
残ポイントがなくなると、
・新規ジョブの投入ができなくなります。
・実行待ち(QUE)のジョブは実行されません。ただし、実行中のジョブはそのまま実行継続します。
・ログインノードにログインでき、ファイルの引き上げがおこなえます。
・nuccメール(nucc.cc.nagoya-u.ac.jp)は停止され、送受信は出来なくなります。
 また、停止中に届いたメールはuser unknownとなり、受信できません。

 
追加申請には日数を要しますので、予算管理をお願いいたします。
なお、HPCI利用者の方が予算確認する場合は、以下のうち、①の方法をご利用ください。
 
利用状況や残予算等の確認:
① ログインノード上で以下の[コマンド」を入力する。
 
chargeコマンド: $ charge 
 
ログイン名の利用者の前日までの利用ポイントと 
予算ポイント、及び、現時点のファイル使用量が 
表示されます。 
 
charge2コマンド:  $ charge2 
 
ログイン名の利用者の所属するグループの 
メンバーの前日までの利用ポイントと 
予算額が表示されます。 
 
【HPCI利用者の皆様】 
 
FX1000 1ノード時間は、20.2ポイントです。

ポイント / 20.2 = ノード時間
 
【環境設定】 
/center/local/binにパスを通してください。 
 
export PATH=/home/center/local/bin:${PATH} 
 
② 課金情報を確認する場合は、アカウントポータルをご利用ください。
アカウントポータル