大学ICT推進協議会AXIES 2018年度 年次大会で出展しました

2018年11月28日 (水) 掲載

情報連携統括本部では、ICT基盤の整備、活用、サービス業務に関するアウトリーチを目的として、2018年11月19日~22日に札幌コンベンションセンターで開催される大学ICT推進協議会AXIES 2018年度 年次大会 に出展および発表を行いました。

展示ブースでは、情報連携統括本部の活動、ICTに関連するサービス、情報基盤整備、情報基盤共同利用などについて紹介を行いました。
サービスや情報基盤の整備についての意見交換、共同利用の公募に関する問い合わせなど、ブースにて年次大会参加者、展示担当者と種々の意見交換を行いました。

発表については、2018年度年次大会タイムテーブル に掲載されている通りで、情報連携統括本部からはポスター発表が2件行われました。 いずれの発表においても、参加者から多数の質問などなどありました。

名古屋大学 情報連携統括本部からのポスター発表

[MP-21] サービス継続と異種OS異種LDAPサーバソフトウェア間の安全な移行を考慮したLDAPサーバの構築と移行
○佐々木 七夏海 (名古屋大学)

[MP-24] 手書きレポートとLMSの連携を実現する名大版紙レポシステムの全学運用
○戸田智基 (名古屋大学)

また、清谷竣也さん(知能システム学専攻M2)、情報基盤センター大平茂輝助教、情報戦略室出口大輔准教授、情報基盤センター戸田智基教授等(共同受賞者:伊藤瑠哉さん(情報科学研究科メディア科学専攻修了済)、 岡本康佑さん(情報科学研究科メディア科学専攻修了済)、谷川右京さん(情報科学研究科メディア科学専攻修了済))が、 大学ICT推進協議会2017年度年次大会優秀論文賞を受賞し、その授賞式が開催されました。